ガンマ構造

最適な選択

ラウドスピーカー・キャビネットの表面積は、ラウドスピーカー・ダイアフラムの表面積よりも無限に大きいため、ダイアフラムに近いレベルの音を放射することができ、キャビネット構造の共振によって色付けされ歪む。これは再生音を変化させ、音像をぼやけさせます。このような「干渉」を防ぐためには、キャビネットができるだけ不活性であること、つまり放射性を持たないことが不可欠です。Focalでは、この慣性を実現するためにMDF(Medium Density Fiber)を使用しています。この素材は、特定の競合他社が使用する他の素材と比較すると「ローテク」に見えるかもしれませんが、MDFには本質的な利点があり、キャビネットの製造に最適な選択となっています。

第一に、磁力の影響下で可動部の加速に反作用で対抗するために、密度が高く、十分な剛性があります(巨大なフロントパネルに大きな厚みで使用される場合)。コーンがボイスコイルによって推進されるとき、その反作用として反対の力がスピーカーのフレームに働きます。この反力はキャビネット構造の振動の主な原因の一つであるため、完璧に制御されなければなりません。非常に質量の大きいフロントパネルが必要ですが、キャビネットの他の壁の共振を制御するために補強材も慎重に配置しなければなりません。非常に剛性の高い素材で作られたキャビネットは、剛性が不十分なものと同様に、共振を耳の感度が高い高い周波数帯域に押し込んでしまうからです。

第二に、MDFはサンドイッチ構造に似ており、主に非常に厚く、パネルの両側の面はコアよりも密度が高い。これは剛性に貢献するだけでなく、内部で自然なダンピングをもたらし、浮遊振動を吸収するのに役立ちます。SopraとUtopiaでは、前面に厚いMDFパネルを貼り合わせてサンドイッチ効果を出している。

最後に、MDFは数値制御で簡単に加工でき、曲面形状を作ることができる。このような形状は、エンクロージャーの周囲で音波を徐々に回折させることで指向性の反射を避け、鋭角からの直接反射による二次放射を排除するからだ。第二に、構造的な観点からは、曲面形状は平面パネルよりも本質的な剛性が高くなります。

この技術を使用したFocal製品

コミュニティに参加する

FocalとNaimの最新オーディオ・イノベーションのプレビューをお届けします。